Projects

ファブラボを取り巻く領域は幅広く、教育、社会貢献、まちづくり、ビジネス、先端研究、芸術表現など、多岐にわたるプロジェクトが立ち上げられています。ここでは、FabLab Japan Networkの連携によるプロジェクトや、特定のラボに関わらない取り組みをいくつかご紹介します。

FabCommons

FabCommons

FabCommonsは、オープンソースによるデザインのライセンス体系、法制度、そして社会におけるデザインの在り方を模索するために結成されたユニットです。

fabble

Fabble

Fabbleは、ものづくりのレシピやドキュメントを共有するためのウェブサービスです。世界中のFabプロジェクトのためのプラットフォームとして、Mozila Japanと慶応大学ソーシャルファブリケーションラボによって共同開発されています。

1263794_153517561522194_1746178478_o

FAB9 第9回 世界ファブラボ会議(横浜)

世界のファブラボのメンバーが集まる「世界ファブラボ代表者会議」が、2012年に横浜で「FAB9」として行われ、併せて、国際シンポジウムが開催されました。

日本ファブラボ会議

日本ファブラボ会議は、年に一度の世界ファブラボ会議の日本版として、国内のファブラボ運営者やFabLab Japan Networkのメンバーが集まります。東京(2013)太宰府(2014)での開催に続き、2015年はファブラボ北加賀屋を中心に大阪で開催されます。


More Projects

  • Fab3D|3Dデータ検索ナビゲーションサービス(慶応SFC FabLab Research)
  • 翻訳プロジェクト|フランスのファブラボによるレポート「FabLab Overview」を日本語に翻訳して公開
  • FabFont|FabLab Japanのロゴとして生まれた、レーザーカットに最適化されたフォントの開発
  • Fab Source|2012年にベータ公開された、ものづくりのレシピ共有サイト
  • Fab for Life|東日本大震災以降の生活の中で、ファブラボにできることは何かを考える取り組み
  • TDW2010|Tokyo Designers Week 2010に出展し、コンテナに仮設ファブラボを設置
  • Fab Trip|世界各地のファブラボを訪問した人たちによるレポートを公開
  • Fab School Tokyo 2011|各種ツールに触れながら自由なものづくりを体験する、東京藝術大学の公開講座
  • Fab Year Book|各国のFabLabの活動をまとめた年報
  • Fab Night|FabLabをとりまく人々が、直接顔を併せて語り合う不定期イベント
  • Fab Machines|ファブラボの工作機械を研究するグループ
  • Mobile FabLab|移動型のファブラボ