【from Hiroshima】「デジタルファブリケーション」テレビ取材

こんにちは、FabLab Hiroshima-Akitakataの渡辺です。今回は、去年末に受けた、地元の朝の情報番組のテレビ取材をご紹介致します。

「週末にふらりと行きたい♪気軽なお出かけ情報お届け」企画でファブラボを取材頂きました。3Dプリンターとレーザーカッターカッターを使って、楽しみながら何か作りたいとのことでしたので、食品のミニチュアが好きという番組MCの方には、季節柄もあり、3Dプリンターで七輪とお餅を製作頂きました。初めてのCAD操作も少しのレクチャーで難なく使われていました。

まず、出来上がりの姿をイメージし、3Dデータを作成しました。

image02

造形中もずっと張り付いて見ておられ、完成時は声にならないという様子でした(笑)

image03

コンピューターの中にあるものがすぐ形になって出てくることに感動されていました^^
デジタルファブリケーションの楽しさの一つが伝わったように思いました。

続いて、レーザーカッターでは、お笑い芸人ボールボーイ佐竹さんの「iPhone」に番組のキャラクターを彫刻するというドッキリで盛り上がりました。

image05

3Dプリンターもレーザーカッターも「デジタルファブリケーションを体感頂く」という意味でとても楽しく、大成功でした。
引き続き、体験講座の方も実施していきます。