[レポート] シンガポールのファブラボ訪問

機会あり、シンガポールのファブラボとなるような場所を訪問しました。

 


場所は中心街のカフェや食堂が並ぶ人通りの多い通りの一角。

 

中は10~15人ほどが集まってイベントができるような大スペースに加えてPC作業等もできるような部屋に大きなキッチンと、日本の所謂ハッカースペースとは大きさが違ったのが印象的でした。

 

顔を出す人も多い用で、きちんと自分たちで運営できるようなビジネスモデルも確立しているようです(左下に利用料金表が)

 


ちょうどこの日、アメリカからTech系の経営者を招いてセッションも行われていました。

 

個人的に印象的だったのが、奇しくもセッションのテーマでのあった「起業」「スタートアップ」。人によってはこうしたハッカースペースが単にテクノロジーや技術の好きな人たちのコミュニティというイメージかもしれませんが、シンガポールのハッカースペースは「技術」×「ビジネス」or「起業」の掛け算のコミュニティの印象が強かったです。そのためか関係者の意識も高く(上記セッション後参加者同士で積極的に名刺交換やお互いのビジネスの話も積極的にされていました)、そしてスペースの質も合わせて上がって行くという相乗効果があるようにも感じました。

もしシンガポールに行かれるエンジニアさんや興味ある方等いましたら、ぜひ一度訪問してみてはいかがでしょうか。

2件のコメント
  1. FabLabJapan.org より:

    Update! : [レポート] シンガポールのファブラボ訪問 http://t.co/wtCaZVxL

  2. Update! : [レポート] シンガポールのファブラボ訪問 http://t.co/wtCaZVxL