粉末成型法3Dプリンティング (MIT Center for Bits and Atoms)

粉末成型法による3Dプリンティングでは、モデルができたあとに、余分な粉を取りのぞかければいけません。慎重に、慎重に粉をとっていきます。MITではこのプロセスを“Excavation”というのですが、まさに遺跡の発掘みたい・・・・

取り出された模型は、現在設計中の”Fab Cafe KIt”です!来年は分解・組立・移動可能なFabCafeを実現したいと思います。

4件のコメント
  1. FabLabJapan.org より:

    Update! : 粉末成型法3Dプリンティング (MIT Center for Bits and Atoms) http://bit.ly/bEibIR #fablab

  2. 6066 より:

    RT @FabLabJapan: Update! : 粉末成型法3Dプリンティング (MIT Center for Bits and Atoms) http://bit.ly/bEibIR #fablab

  3. RT @FabLabJapan: 粉末成型法3Dプリンティング (MIT Center for Bits and Atoms) #fablab http://bit.ly/bEibIR #mtm06

  4. オンライン3Dプリンティングサービス「i.materialise」でも、この動画と同じプリンティングを提供しています(ただし上位機種で、フルカラープリントができるもの)。確かに「発掘」ですが、装置の中でエアブローや、飛散粉末回収用の吸引システムがあるので、もう少し「現代的」ではありますが、ここに「ひと」が介在するので、このテクニックもプリント品の質を左右しますので、当サービスでも高品質の作業を心がけています。