【from Oita】九州のファブラボとのコミュニケーション

こんにちは、ファブラボ大分の豊住です。

ファブラボ大分は、大分県の委託事業として運営をしており、地域の学校やさまざまな団体と一緒となった活動を行っています。最近でしたら、大分トリニータとのコラボレーション大学・企業とのコラボレーションイベントを実施しました。そうして地域の色んな方々とコラボレーションをしているのですが、最近は九州のファブラボやメイカーコミュニティの方々と顔を合わせる機会も増えてきました。九州には、大分、佐賀、太宰府と3つのファブラボ、今後オープンを予定している天神など多くのファブラボやFab施設があります。11月に開催されたMONOCAFE2015で、その九州のファブラボが顔を揃えることになりました!

image11

もちろんこのイベントは、ファブラボだけに限らず、大学や企業、個人とさまざまな出展者の方がいました。そのような中、私たちは、ファブラボ大分という一出展者としてではなく、FabLab Sagaファブラボ太宰府Fablab Tenjin / TECH PARK MAKERSanno labと一緒に「ファブラボ大集合」という共同スペースでの展示を実施しました。

image13

ですので、これから書くことは、ファブラボ大分からの近況と言うよりは、九州のファブラボの連携の様子と言った方が良いのかもしれません。

さて、当日、大分からは、カッティングマシンと3Dスキャナ‐を持参してWSを。FabLab Sagaは、制作物の展示と3Dプリンターのデモンストレーション。ファブラボ太宰府は、電子手芸WSを。Fablab Tenjin / TECH PARK MAKERSはこれからの取り組みに関する紹介を。anno labは、自作3dプリンターのデモンストレーションなどを実施。

image10

image09

家族での来場者が多かったこともあり、次はこんなことをしたい、もっと作ってみたいという欲求が生まれていたようです。今度遊びに行っていいですか?ファブラボって何です?や、各地にファブラボがあるのに、どうして北九州にはないんですか?といった来場者とのやり取りがあちこちで行われました。そのような中、他のファブラボの方がどのような話をして、ものづくりをしているのかを垣間見ることができて、なかなか貴重な経験となりました。

image12

隣県とはいえ、ちょっと遊びに行ってくるという距離ではないですが、定期的に顔を合わせ、共に活動する機会が増え、それが九州からの新しい取り組みへ繋がるといいなぁと感じています。ちなみに10月はFABCAMP2015で国内のファブラボのみなさんと顔を合わせました。11月はMONOCAFE2015で。

そして、12月5日、6日に開催する「別府湾会議2015」では、田中浩也さんを始めとし、各地のMakerの方々と、モビリティをテーマに議論を行います。また、準備や当日のセッションリーダーに各地のファブラボの方にも活躍頂く予定です!

image08

また、同時開催する「ファブ祭り2015inおおいた」では、FabLab Saga、ファブラボ太宰府の他、大分県内外のメイカーの方々と一緒に出展・WSを行います!見るだけではなく、実際に作ってみるということまで体験できるお祭りにするために、随時アップデートしていきます!

image01

お近くの方はぜひお越しください!大分のみならず、九州のみんなでお待ちしています!