2013年度 FabAcademy [2013年1~5月]

 

(2012年11月15日更新)
2013年度FabAcademyは日本からの募集枠は埋まっております。
現在応募は各ファブラボ工房経由のみとなっており (受講に必要な機材環境の条件等より)
個人での直接応募はできないため、あしからずご了承くださいませ。

 

アメリカ MIT(マサチューセッツ工科大学) の ものづくりプログラム『How to make (almost) anything(ほぼ何でもつくる方法)』から生まれた デジタル・ファブリケーション遠隔プログラム『FabAcademy』が2013年度も開講予定です。

2013年1~5月の週1回(日本時間: 水曜日夜23:00~)、海外とつながった遠隔授業で、言語はすべて英語となります。

日本からの受講者については、現在、FabLab Japanにて取りまとめを行っています。
参加検討されている方は、個人での直接応募は行わずFabLab Japanまでにお問い合わせください。