Archives: 2011年の記事一覧(107件)

[EVENT] 文化庁メディア芸術祭京都展 《共創のかたち〜デジタルファブリケーション時代の創造力》

2011年10月1日(土)−11月13日(日)の期間、京都市立芸術大学文化庁にてメディア芸術祭京都展《パラレルワールド》関連企画《共創のかたち〜デジタルファブリケーション時代の創造力》が開催されます。 詳細は下記を参照下

[メディア掲載] ロフトワーク・FabLab Japan共同ワークショップ

ロフトワークとFabLab Japanが共同して企画し、2011年8/27(土)、28(日)の二日間に渡って行われたワークショップのレポートがMake: Japanにて公開されております。 MAKE: Japan : デ

今週のつぶやき on Twitter 2011-09-11

10/1~11/13 京都市立芸術大学ギャラリーで行われる『共創のかたち〜デジタルファブリケーション時代の創造力』に、複数のFabLab関連のプロジェクトが出展します。関西圏のみなさん、ぜひ! http://t.co/E

今週のつぶやき on Twitter 2011-09-04

@oomuranaoki あ、レスポンス遅くてすみません!質問はお気軽にどうぞ。Twitterだと見逃してしまう恐れもあるので、よろしければメールでお願いします→ fablabjapan@gmail.com #

今週のつぶやき on Twitter 2011-08-28

“@Hiroyeah: この夏くらいから、FabLabJapanのメンバーが続々と海外で活動するようになってきている。H君はケニアのFablabで、そしてKさんはいずれインドのFabLabへ。ファブラボ筑波マスターのAさ

今週のつぶやき on Twitter 2011-08-21

8/14-19、世界のFabLabメンバーが集まるミーティングが開催中 http://t.co/t6d6JRt “@Hiroyeah: 明日から世界ファブラボ会議出席のためペルーのリマに行ってきます。その後、南米のものづ

解体プロジェクト(匠技ワークショップ・建具編)

建具の解体を通じて、木工技術の仕組みを知る。柿渋ワークショップに引き続き、O設計室の大沢夫妻にご協力頂き、紙障子と襖のミニレクチャーをしてもらいました。昔の木工技術を再

柿渋プロジェクト(匠技ワークショップ・塗料編)

FabLabKamakuraリニューアルの一環として、古民家再生に携わるO設計事務所の大沢匠さんに講師をつとめてもらい、蔵の外壁を柿渋で塗るワークショップを行いました。柿渋とは柿から抽出した液体で、古くから紙染め、酒袋染め、木材の耐久性や防水性向上のために使われてきた日本古来の伝統的な自然塗料のひとつ。柿渋に含まれるタンニンは、水に溶けずに強い皮膜を貼る性質、たんぱく質と結合して沈殿させるという性質を先達がうまく利用してきたものです。内装などではそのまま塗る事もありますが、外壁に使用する場合は、弁柄や松煙などの顔料と混ぜて塗る事が多いです。落ち着きのある色になることから「古色塗り」とも呼ばれています。  

今週のつぶやき on Twitter 2011-08-14

本日のFabLabJapanのキッズワークショップ無事終了しました。参加していただいた小学生の皆さん、保護者の皆さん、スタッフの皆さん、開催にご協力いただいた関係者の皆さん、本当にありがとうございました! http://

今週のつぶやき on Twitter 2011-08-07

京都ウルトラファクトリーでのワークショップ「ソーシャル・イノベーションとしてのものづくり」http://t.co/I4JAQA2 、レクチャーがUst中継されています。http://t.co/TXcfgKn #