「ソーシャル・イノベーションとしてのものづくり」

8月5日-7日の3日間、京都造形芸術大学にあるULTRA FACTORYのクリティカルデザインラボと、FabLabKamakuraで遠隔ワークショップを開催しました。Ustream配信はこちらです。ファブラボ鎌倉に与えられた課題は「飲み食いを助ける」。食のためのファブリケーションです。直径2mの巨大なソーラークッカーを制作し、ウィンナーを焼いてみました。

FabLabKamakuraの全制作物は以下のムービーのとおりです。
Movie1
Movie2
Movie3
Movie4

2件のコメント
  1. FabLabJapan.org より:

    Update! : Workshop:「ソーシャル・イノベーションとしてのものづくり」 http://t.co/nHS0Ucz

  2. Kousuke Kikuchi より:

    Update! : Workshop:「ソーシャル・イノベーションとしてのものづくり」 http://t.co/nHS0Ucz