取材&掲載

湘南経済新聞さんに取材をしていただきました!そしてYahoo!にも転載されました。写真は、ファブラボ鎌倉で学外ゼミをやっているときの様子です。

また遅れましたが慶應大学SFC教授の増井俊之さん(大学の同僚)のWIRED連載「界面潮流」にも、第55回「ものづくり革命」として紹介をしていただきました。今回が連載最終回だそうです。採り上げていただいて光栄ですが、増井さんの連載ファンだったので残念な気持ちもあります。

ところで最近取材に対応していての感想ですが、「”つくる”ことにフォーカスした公共施設です」という説明がけっこう通じて嬉しいです。思っていた以上にすんなり理解していただけることが続いています。20世紀は、図書館・美術館・公民館といった公共施設を整備した時代でした。20世紀の最後の最後からは「メディアセンター」や「メディア××」という施設が広まってきました。ゼロ年代は「カフェ」も広がりを見せました。その次に来るのがファブラボなのです。

ファブラボは「コンピュータ室・図工(機械加工)室・カフェの3つをドッキングしたもの」だと言えます。今年後半期は、この有効性をまちづくり政策の面からも理論化できればと思っています。

1件のコメント
  1. 取材&掲載 : FabLab Japan: http://goo.gl/xzUcO most discussed on @twit_engine/news (http://goo.gl/EJF89)